タイ

【象乗り感想】アユタヤでゾウ乗り体験!虎と記念撮影も!象乗りの服装やツアー比較

【タイ象乗り感想】アユタヤでゾウ乗り体験!ゾウに乗って公道を歩く!?

タイの現地ツアーと言えば…そうです!
象乗り!

2017年、2019年と2回タイへ行き、2度アユタヤで象乗りをしてきました!

アユタヤには3ヶ所、象に乗れる場所がありますがそのうちの2ヶ所に行ったので、

良しあしや比較なんかも含めて象乗りの様子を書きたいと思います!

そして虎と写真撮影もしましたよ~!

最後には【象乗りができるツアー比較】や【象乗りするときの服装】についても書いたので是非参考にしてみてください!

それではご覧あれ!

アバター
アユタヤに行ったら是非ゾウに乗ってみてください!

アユタヤで象乗り体験
3つの象乗りができる場所

象乗りのキホン! アユタヤで象乗り

アユタヤと言えば世界遺産がゴロゴロある場所ですが、アユタヤ周辺には象に乗れる場所が3ヶ所あります!

地図で見るとこんな感じ▼

アユタヤ象に乗れる場所

①アユタヤエレファントキャンプ
 ★Google評価 3.7(78件)
②エレファントビレッジアユタヤ
 ★Google評価 2.2(31件)
③エレファントクラール
 ★Google評価 4.3(207件)

この中ではエレファントクラールが一番評価が高いものの…日本語はおろか英語で調べてもツアー等や値段の情報が全然ありませんでした!

なのでここでは実際に私が行った
①アユタヤエレファントキャンプと②エレファントビレッジアユタヤのそれぞれの様子や特徴を簡単に紹介したいと思います!

アユタヤ象乗り①
エレファントキャンプ

アユタヤ象乗り① エレファントキャンプ

まず1つ目に紹介するのがワットマハタートやワットプラシーサンペットの世界遺産のすぐ近くにある【エレファントキャンプ】

ここの特徴は車より遥かに高いゾウがエレファントファーストで公道を歩くこと!

ゆらゆら揺れながらゆっくりとアユタヤを散歩します!

象乗りアユタヤ散歩

のんびりとした象の歩みに揺れながらアユタヤの景色を見るのはとても気持ち良いです◎

他にも芸をする象と一緒に写真を撮ることもできますよ!▼

象の芸

チップは要求される?

されました! 一緒に行っていたお義母さん&お義父さんもチップを要求されたようです。

ですがあまり嫌な感じではなく、20B渡すとそれ以上要求することもありませんでした。

お義母さんたちはチップを差し出したところ象が鼻を伸ばして受け取るという芸をしてくれたそうですよ!

このエレファントキャンプでは少なからずチップの要求があるので20B程度準備しておくと良いですよ◎

値段は?

・15分 400B (¥1350)

私たちはツアーで乗りましたが、予約ナシの現地で乗るとこれくらい。

口コミを見ても料金がバラバラしているので分かりづらかったのですが、年々値段が上がって直近だと15分で400Bくらいするようです。

ただ「10分200Bで交渉した」なんてコメントもあったので交渉次第では安くなるかも…?

口コミ評価は?

アユタヤにある3つの象乗り場所の中では真ん中の評価だった【エレファントキャンプ】!

「チップを要求された!」のコメントで星の数が減っている場合が多かったもののそれ以外は目立った悪いコメントはありませんでした。

タイはチップ文化ではないものの…

20B(¥70)程度用意しておけばそれ以上言われることはないので、気持ちよく乗るためにもチップは用意しておくべきかなと思います!

個人的な感想

1回目の象乗りが下記の【エレファントビレッジ】、2回目の象乗りがココ【エレファントキャンプ】だったのですが

象乗りだけで言うと私はこちらのエレファントキャンプの方が楽しめました!

やっぱり象に乗って公道を散歩するのがスリルがあって楽しかったなぁ!

ですが虎と触れ合いたい場合には次に紹介するエレファントビレッジがオススメですよ!

アユタヤ象乗り②
エレファントビレッジ

アユタヤ象乗り② エレファントビレッジ

初めて象に乗ったのがココ【エレファントビレッジ】!

ここには象だけではなく、羊や虎もいるちょっとしたアミューズメント施設のようになっていました!

ただここの写真が殆ど残っておらず…インスタのムービーが残っていたのでご覧ください!(音量注意!)

View this post on Instagram

初めて象に乗る! #象 #タイ

A post shared by Natsumi. (@natsumi.530) on

象の独特の揺れが伝わりましたか!? 面白いですよね!

草原の隣をゆったりとお散歩し、見晴らしの良い広場まで行くと記念写真を撮ってくれました!(これは無料で撮ってくれました◎)

ただしこの後、悲劇が起こりました!笑

アクセサリー販売が始まった。笑

来た道を引き返している途中、象使いが懐からなにやら色々入ったジッパーを取り出し、象牙でできたブレスレットを出しながら

アバター
300バーツ。

と言ってきたのです!笑

渾身の申し訳なさそうな顔を作り顔を横に振るも、今度は象牙でできたネックレスを出しながら

アバター
300バーツ。

とアイテムを変えてくる象使い!笑

ちょっと悩んだそぶりも見せつつも顔を横に降ると、そこですんなりと諦めてくれました…

彼はしつこいタイプではなかったので良かったです。

人によってはチップの要求が激しい場合も…

私たちの場合は押しが弱い青年でしたが、

『チップを払うまで降ろしてくれない』『金の要求が激しい』

等のコメントもありました。どうやら

ツアーで参加している人はチップ要求がほぼなく、個人で参加している人へのチップ要求が激しいようです!

そもそもココは結構評判が悪く、これ以外にも値段の評価がかなり悪かったです!

値段は交渉制!?

・値段は交渉制
 言い値が1時間2000B(¥6,700)
 粘って交渉して10分500B(¥1,700)

こんな感じでかなりの金額を要求されるようです。

これはツアーでなく個人で象に乗るにはかなりのストレスを抱えそうですね…

ですが、ここにはエレファントキャンプにはいない虎もいて一緒に撮影することができますよ!

虎と記念撮影!200B

虎と記念撮影!200B

これはツアーで参加していても虎との記念撮影はオプションでプラス200B(¥700)でした!(個人できても200B!)

夫が虎と記念撮影したいとのことで撮りましたが、ご覧ください!虎の顔を!

めちゃくちゃ不機嫌です!笑

虎がカメラではなくそっぽを向くと虎使いのおばちゃんが棒でペシペシやるのでこの表情だったのです…

因みに虎の毛は硬くてゴワゴワでした。

個人的な感想

私はツアーで来たので押しの弱いアクセサリー販売くらいしか複雑な想いをしてません!

象に乗れたり虎と触れ合えたりそれなりに楽しめました!

ですが個人だと金銭的に危険な場所みたいなので個人参加ではオススメできません!

象乗りの服装注意点

象乗りするときの服装注意点

お次に象乗りするときの服装について少し触れたいと思います。

象乗りの際の服装の決まりや、服装についてスタッフから言われることは特にありません!

ですが実際に2ヶ所で象乗りしてみて『これだけは避けた方がいいな…』と思うものが2つありました。

象乗りNGな服装

1つ目は【ヒール】です!

象に乗る時に象の背中を数歩踏むことになるので象の背中に刺さるような履物は絶対にやめた方が良いです!

底がフラットなサンダルやスニーカーなら大丈夫ですよ◎

もう一つは【綺麗すぎる格好】、もしくは【絶対に汚したくない服】です!

象の鼻水がかかる場合もあります!

そして基本的にアユタヤは道や道路が綺麗に舗装されておらず土の場合が殆どですし、象乗り付近は地面が濡れていることもあります。

うっかり汚れても良いような服装がオススメです!

アユタヤ遺跡を周る場合
注意したい服装

遺跡を周る時の服装

もし象乗りの他にもアユタヤ遺跡も周る場合には【肩出し】【体のラインが出る服装】【膝上が出るボトムス】もダメな場合が多いので注意してください!

上記画像はワットポーでの服装ですが、タイの寺院や遺跡ではこのように服装に厳しい場所が多いです。

肩が出ない【Tシャツ】、そして猛暑のタイでも涼しい【タイパンツ】がオススメですよ!

タイ象乗りツアー比較

タイ象乗りツアー比較

★最後にタイで楽しめる象乗りのツアーを比較してみました!

実際に私が参加したツアーや、私が次回のタイ旅行で参加したいツアーを選びました!(超私の好み選りすぐり←)

▼それがこちら!

タイ象乗りツアー比較

①②はアユタヤの象乗りなので【エレファントキャンプ】または【エレファントビレッジ】での象乗りですが、

③④はタイで一番大きい水上マーケット【ダムヌンサドゥアック水上マーケット】付近にある【エレファントビレッジ】での象乗りです。

こちらの方が象に乗れる時間が長く、象が川の中を進むトレッキングになので楽しそう!

それでは詳細です!

オススメ象乗りツアー①

オススメ象乗りツアー①

★アユタヤにある世界遺産と象乗りがセットになった半日ツアーがこちら!

私も実際にこの4つの世界遺産を見ていますが、壮大でした!

この4つと象乗り体験の半日ツアーでこの値段なら文句ないかなと言ったところです◎

▼このツアーをCheck

オススメ象乗りツアー①1
出典:【Voyagin現地ツアー

オススメ象乗りツアー②

オススメ象乗りツアー②

★タイの面白い観光地がギュッと詰まった1日ツアーがこちら!※私が参加したツアーです!

このツアーに2度参加しましたが2回目でも楽しめたかなり濃い内容のツアーです!

▼こちらに詳細を書いているので気になる方はご覧ください。

▼このツアーをCheck

オススメ象乗りツアー②2
出典:【ベルトラ

オススメ象乗りツアー③

オススメ象乗りツアー③

★象乗りが長め&水上マーケットのツアーがこちら!

ここでの象乗り体験は象が川の中を行くので本当に楽しそう!次は参加したい!

因みにここの水上マーケットにも行きましたがかなり楽しいですよ!お土産はハチャメチャにぼったくられますが!笑

▼このツアーをCheck

オススメ象乗りツアー③3
出典:【ベルトラ

オススメ象乗りツアー④

オススメ象乗りツアー④

★象乗りのみのツアーがこちら!

意外と象乗りだけのツアーがなくHISから出ているこのツアーだけでした!

象乗りだけで十分な人はこちらがオススメ!

ですがこのHISのツアーで気を付けたいのは集合場所が【マッカサン駅】ということ。滞在場所によっては移動が大変な場合もあります。

こちら★にバンコクマップを公開しているので滞在場所と集合場所をチェックしてみてくださいね!

▼このツアーをCheck

オススメ象乗りツアー④4
出典:【HIS現地ツアー

現地ツアーに参加するときの注意点!

上記で服装について触れましたがツアーによってはその他にも注意点がある場合があります!

又、基本的にはホテルピックアップがあるものを載せましたが小さなホテルの場合はピックアップできず集合場所が指定されている場合もあります。

ツアーに参加する場合にはそのツアーの詳細もよく読んでおくことをオススメします!

まとめ

以上、象乗り体験についてでした!

象乗りって日本だと絶対にできない体験(世界でもタイだけ?)なので、是非タイに訪れた際には参加してみてください!

私が参加した象乗りやアユタヤ遺跡、水上マーケットにメークロン鉄道市場に1日で周れるツアーについては▼こちらに書いたので気になる方は是非!

関連記事

ワットアルン・ワットポワットアルン・ワットポーの入場料・営業時間・服装・見どころを紹介!ータイトル画像
ワットアルン・ワットポーの入場料・営業時間・服装・見どころを紹介!
3タイタイ現地ツアー