tabilog

川崎大師で厄除けをしてきた!金額・時間・アクセス・飾り方

川崎大師で厄除けをしてきた!金額・時間・アクセス・飾り方

 

降りかかる仕事の山、忙しさのなか悪化する人間関係、始まった休日出勤……

次から次へと仕事環境における状況が悪くなる夫にいよいよ

アバター
アカン!夫、大変すぎて死んでまう…!

となった2019年年末頃。

神にもすがるおもいで行った、川崎大師!

我が家からは真っ赤な京急線に乗って約30分と程よい距離にあるお大師様へ厄除けしに行くことになったのです。

 夫も私も厄除けなんて初めてだったものの、きちんと厄除けを受けることができたので、今回は…

川崎大師での厄除けがどんなだったか・かかった金額・所要時間などをレポートしたいと思います!

それでは今年・来年厄年だよと言うアナタ、悪魔でもついたのか不幸が降りかかり続けるアナタ、何となくシアワセになりたいアナタ…!

どうぞご覧あれ!

厄除けのお大師様
川崎大師

厄除けのお大師様 川崎大師

★もろもろの災厄をことごとく消除する厄除け大師『川崎大師』! 

 皆さまも『厄除けのお大師さま、川崎大師』なんて聞いたことがあるかもしれません。

そうです、ここ『川崎大師』は特に厄除けのご利益が強いとされる関東三大厄除け大師の1つでもある有名な厄除けのお寺なのです!

川崎大師には毎年300万人が訪れるそうで、毎日、厄除けの『御護摩修行(おごましゅぎょう)』が行われていますよ!

川崎大師の厄除け
御護摩修行とは

★『御護摩修行』とは火を使って煩悩(苦の根源)を焼き尽くす宗教儀式のこと。

御護摩修行とは『お坊さんが火を焚いてその中でお添え物等を燃やすことによって、願いを込めて祈った人々の煩悩を焼き尽くし、願いを神様に届け、ご利益を頂ける』と言う儀式なのだそうです!

川崎大師では実際に何人ものお坊さんが一斉にお経を唱えて、ゴウゴウと燃え盛る炎に一つ一つ御護摩の木をあててくれます。

お坊さんたちの迫力あるお経、叩かれる太鼓、メラメラと燃える火…もの凄く効く気がしてくる…!

それではこの御護摩修行を受けるための流れを簡単にご紹介します!

川崎大師の厄除け
申し込み方法

川崎大師の厄除け 申し込み方法1

★本堂を正面にして右側にある受付で厄除けの申し込みをする

 まずは川崎大師に着いたら本堂右側にある『御護摩受付所』で申し込みをします。

台に置いてある紙と鉛筆で記入するだけなのですが、御護摩で祈願する内容は『厄除け』だけでなく、『家内安全』や『商売繁盛』など色々お願いして良いようです◎

ですが、御護摩1つにつき願い事も1つ!

我が家は迷わず『厄除け』にチェック。 

その紙は近くの会計所にて差し出し、料金を払います。

御護摩申し込み2

川崎大師の厄除け:金額

川崎大師の厄除け:金額
出典:参拝のご案内|川崎大師

★御護摩修行の料金は5,000円~30,000円

 御護摩札の種類は5000円からとなっていて大きさによって値段が違いますが、ご利益は全て一緒なのだそう!

自分が一番効きそうと思う値段のものを選ぶと良いそうですよ!

我が家はこういうのが初めてなので、とりあえず5000円のものを選んでみました!

因みに他寺の厄除けの値段を調べてみましたが、安いところは3000円~のところもありますが、大体は5000円~のお寺が多かったです。

(同じ宗派の御護摩修行が受けられる『高尾山薬王院』では3000円からがありますよ!)

川崎大師の厄除け:時間

★御護摩修行は年中無休、午前4回・午後4~7回行う

 元旦から節分までは時間がバラバラしているので、御護摩修行の時間は▼公式ホームページをご覧ください!

ですが毎日大体、6:30~16:00の内に8回程度御護摩修行をやるようです!

私が行った土日の午後13時頃は結構人も多くゴミゴミしていたので、朝の人が少ない時間帯を狙った方がお坊さんにも神様にも余裕があって効きそう…!

川崎大師の厄除け
御護摩修行の様子

川崎大師御護摩修行とお札

★本堂での御護摩修行ではお坊さんと一緒に「南無大師遍照金剛」と唱え、御本尊さまに手を合わせ、お札を貰って完了!

受付を済ませたら時間になる前に本堂に入り、時間になれば沢山のお坊さんが登場、そしてあれよあれよと言ううちに諸々が終了し、お札を貰うことができます!

ざっくり言いましたが、この一連の流れは撮影が禁止なので、もし様子を見たい方は公式のyoutubeがあるのでこちらをご覧ください▼

 途中にはお坊さんと一緒に「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」と唱える場面があります。

合唱して願いを込めながら言うときっと神様に思いが届くハズ!

その後、一番近いところで真ん中の御本尊さまに手を合わせることができるので、予めポケットにお賽銭を用意しておくとスムーズで良いですよ◎

お札の飾り方

★お札は目より上の綺麗な場所に南or東向きに飾る。神棚がない場合はテープで貼る。

我が家には神棚がなく、丁度良いような背の高い棚もないので、クローゼットの上に南向きになるようテープで貼りつけました!

『神様が嫌がるような場所には置かない』という基本的な考えに沿って、なるべく綺麗な場所に飾ると良いそうです◎

お守りと一緒でお札も効果が1年と言われているので、1年経ったらお寺に持って行くようにしてください。

以上、川崎大師厄除け『御護摩修行』についてでした! 

ここからは川崎大師周辺の楽し気な仲見世通りもご覧あれ!

川崎大師の仲見世が賑やかで面白い

川崎大師の仲見世

★川崎大師名物の『とんとこ飴』 に『くずきり餅』、縁起物屋に並ぶ達磨また、達磨!

川崎大師はお寺も大きくて立派ですが、そこに行くまでの仲見世通りがいつ行っても賑やかで楽しい!

リズミカルにトントンと音が鳴らすのは川崎大師名物の『とんとこ飴』屋さん。ここそこに達磨が並ぶのは縁起物屋さん。そして煎餅屋にお箸屋さん…本当に何回来てもこの通りが楽しくて大好き!

川崎大師の達磨をお土産に

川崎大師の達磨をお土産に

 上の仲見世通りで並ぶ沢山の達磨を見てるとだんだんと達磨が欲しくなってきちゃいます!

 私は仲見世通りで買う勇気がなかったので、表参道の『南天堂』と言う素敵な和雑貨屋さんで達磨を買ってみました!

1つ目を入れるとめちゃくちゃ愛着が沸いて今では可愛い置物になっていますよ!皆様も是非、お土産におひとつ如何?

川崎大師アクセス

川崎大師アクセス

★『京急川崎駅』で大師線に乗り換え約5分。駅から川崎大師までは徒歩7分。

 川崎大師の最寄り駅は『京急・川崎大師駅』です!京急川崎駅から大師線に乗り換えて約5分と川崎からも結構近い!

駅を降りたら斜め左方向に表参道と言う門があるのでそちらの方向へ歩くこと約5分で仲見世通りに出ることができますよ◎

川崎大師表参道

終わりに

以上、川崎大師の厄除けについてでした!

川崎大師で厄除けをしてから早1ヶ月…仕事が軽くなるどころか毎朝6時起き7時出社の生活が始まりましたが…笑 (笑えない)

効果が出るまではまだもう少しかかるのかもしれません!笑 ただ、残業代がきちんと付く分お給料は増え、 悪いことばかりでないような気も…

しかし、もうちょっとなんとか頼むよ!お札さん!

これから川崎大師へ行かれる皆さまも御護摩の修行を受けて良い方向に進みますように…★

因みに途中にも小文字で書きましたが、この川崎大師と同じ宗教系列のお寺で『高尾山薬王院』があります。そこだと御護摩の修行が3000円から受けることができますよ◎

高尾山の中腹あたりにあるので、行くまでが大変ですけどね!笑

ですがこのお寺も本当に立派でパワースポットとして知られています。高尾山登山も結構楽しかったのでこちらもオススメです!

関連記事

2東京近郊

Comment

*
*
* (公開されません)