東京

【辛口レビュー】スパラクーアに行ってみたけど…コスパ悪い?

【辛口レビュー】スパラクーアに行ってみたけど...コスパ悪い?

ずーっと行ってみたかったけれどなかなか行けず早10年…

ようやく行けたスパラクーア!

なぜ行くまでにこんなに引っ張ったのかというと…

Natsumi

入館料高い。行って失敗したくない。

シンプルにコレ!笑

温泉・銭湯施設は大好きだしお台場の大江戸温泉物語には何回も行ってるのにスパラクーアにはなかなか行けなかったんですよね!

値段の割に…(後悔する未来)、ってなりそうだから

で、ようやく行ってみた感想はと言うと…

Natsumi

素の値段だとコスパ悪い!割引使えば全然有り!

館内写真や正直なコメントを添えてレビューしたいと思います!

辛口レビュー
スパラクーア

辛口レビュー スパラクーア

★都内のど真ん中にある遊園地『東京ドームシティ』と、その施設内にある『スパラクーア』。

ラクーア施設の5~9階が温泉施設になっていて、都内とは言え中は広そうな印象!

スパラクーア専用入り口エレベーター

スパラクーアへはラクーア2階から専用のエレベーターに乗ってフロントがある6階へ!

スパラクーア『料金』

フロントでは受付をしてラクーア内で使う鍵を貰います。会計は後払い。

気になる料金がこちら▼

大人6~17歳
入館料(スパ)¥2,900¥2,090
岩盤浴¥880※使用不可
休日割増¥350¥350

平日料金で約3000円というまぁまぁなお値段。岩盤浴も付けちゃうと4000円近くなります。

Natsumi

高いどう考えても高い。

とはいえ『値段と同等の内容だったらOK!』なんでね!

今回行ったのは土曜の21時頃で「岩盤浴は混雑している」とのことだったのでお風呂のみに!

注意しなければいけなかったは夜1時以降は深夜料金で+¥1980かかると言うこと。

絶対に0時台には出ることを誓って入館!

地域共通がクーポン使えた!

スパラクーアで地域共通クーポンを利用!

因みに今回GoToで東京ドームホテルに宿泊しました。

その際に貰った『地域共通クーポン』がスパラクーアでも使えましたよ!

【東京ドームホテル】部屋&サービス良し!でも風呂が微妙?辛口レポ
【東京ドームホテル】部屋&サービス良し!でも風呂が微妙?辛口レポ東京ドームホテルは良いところもあったし微妙な部分もあった...部屋・風呂・サービスを辛口レポートします!...

スパラクーア館内着

受付を済ましたらまずはスパゾーンへ行って館内着とタオルセットを受け取ります。

館内着は▼この3種類。

スパラクーア館内着

男性は渋いグリーンの1種類のみ。

リラクゼーションスペースではこの館内着を着用する仕組みになっています。

私服でゴロゴロするよりはいいけれど…若干ダサいのは否めない。笑(そして青を選んで失敗した。笑)

岩盤浴の場合は2種類

ヒーリングハーデ(岩盤浴)エリアは岩盤浴専用の館内着を着てる人しか入られないようになってました。

館内着は茶色っぽい感じだったような…

スパゾーン(お風呂)

★7種類のお風呂+3種類のサウナ

お風呂&着替えスペースの写真は撮れないので画像をお借りしました!

お風呂の種類は多い!ですが…都内にあるスーパー銭湯とそんな変わりない感じでした。

種類は多いけれど、どれも広さがイマイチ。解放感はなかったです。

Natsumi

うちの近所の『お風呂の王様(スーパー銭湯)』より若干広く、お台場『大江戸温泉物語』よりは断然狭い!

アメニティ類は良い◎!

シャンプー・リンス・洗顔は備え付けのもので十分。そしてここには珍しく体を洗うボディタオルも完備!

化粧水~ヘアブラシ系もあったので手ぶらで着ても問題ない感じでした!

コロナ対策をしていたけれど…

お風呂内には定期的に『お風呂では静かに』と書かれたプラカードを持って「会話は控えてください」と言いながら周るスタッフがいましたが…

喋っている人を直接注意するわけではないので効果ナシ!

やらないよりはマシなのかな…でも効果がなければ意味ないような……

ヒーリングハーデ(岩盤浴)

★6種類の岩盤浴+ヒーリングハーデ専用スペース

ヒーリングハーデ(岩盤浴)
出典:【公式】ヒーリング ハーデ

土曜夜で『混雑している』と言うことで入らなかった岩盤浴。

岩盤浴の種類も多めで、休憩スペースも有り。

深夜から女性専用のスペースに変わるようです!

リラクゼーションスペース

リラクゼーションフロアへ

受付&お風呂がある6階から館内着を着て5階へ降りると、リラクゼーションスペースに行くことができます!

階段を下りた左側には広めのソファ▼

リラクゼーションフロア

さらに奥へ進むとくつろげるスペースがあります▼

リラクゼーションフロア2

ここはソファの台数がかなり多く、奥まで広くて良かったです◎

女性専用スペースもありました!

棚には雑誌が並べてありますが、取り合いにならないよう同じ種類の雑誌が何冊も置いてあったのも◎

リラクゼーションフロア雑誌・タブレット

ソファ1台につきアイパッドが備え付けてあり、それでドリンクの注文もできました◎!(席にメニューも有り!)

ドリンクを席まで届けてくれるのは有難い◎

18時以降は17歳以下が入れないこともあり、館内は完全に大人の空間!

Natsumi

館内でゆったり過ごせたのは良かったです◎!

▼こちらはスパラクーアから見えるラクーア

スパラクーアから見えるラクーア

カフェ・バー

カフェ・バー

同じくリラクゼーションスペースの階段右側にあるのがカフェやバー。(23時以降に写真を撮ったので閉店していますが)

値段は若干高めですが許容範囲内。

カフェ・バー2

ここには▼テーブル席もあるので食事もできますし、パソコンを広げて作業している人もいました。

カフェ・バー3

以上がスパラクーアの全貌です!

実際にスパラクーアで過ごしてみた感想は…

正直な感想

Natsumi

どう考えても割高!

肝心なお風呂がスーパー銭湯レベルだったのが残念でした…

リラクゼーションスペースは素敵ではありましたけど『半日も潰れないかな』と言ったところ。

3000円弱払うんだったら大江戸温泉物語行くかな、って思っちゃう▼(土日で3000円弱だし!)

女の浴衣
浴衣も種類豊富で温泉&館内施設共に面白みがある
【大江戸温泉物語】で浴衣デート!館内様子とお得な割引き情報
【大江戸温泉物語】で浴衣デート!館内様子とお得な割引き情報久しぶりに行った大江戸温泉物語はやっぱり楽しかった!今回は中の様子の写真を撮ってきましたよ!そしてちょっとしたキッカケで知ったお得情報も公開! ...

ただ…もうちょっと安かったら『妥当かな』って思えるんですよ!

お風呂+リラクゼーションスペースだけだったら2000円ちょっとの値段だったらな、とか…

岩盤浴付きだったら3000円でも納得できたのにな、って思う!

だからここに行きたい人は割引きで入館するのをおすすめします!

スパラクーア
割引・クーポン情報

私は一切調べなかったので完全に損したんですけど、ありました、割引!

しかもめっちゃ安くなるやつ!

▼これは”一応”で載せる『公式の割引』であんまり特にならないやつです。

レディースデーなら300円引き!

水曜日(祝日は除く)・女性のみ割引になるレディースデーだと300円引き。

大人(通常料金)レディースデー
入館料¥2,900¥2,600
(-¥300)

これだと弱いですよね。

もっとお得になるのがコレ▼

じゃらん事前予約プランなら400~580円引き!

このじゃらんで事前予約なら400~580円割引になるのでそこそこでかい!

大人
(通常料金)
じゃらん
事前予約プラン
入館料¥2,900¥2,500
(-¥400)
+岩盤浴料金¥3,780¥3,200
(-¥580)
Natsumi

岩盤浴付きで3200円だったら納得できる!岩盤浴あったら半日は楽しめるし

但し【平日限定】なんですけどね!

もはや休日は料金が高い&混むんでおすすめしないです。←

まとめ

以上、スパラクーアの辛口レビューでした!

2000~2300円くらいだったら「良かった!おすすめ!」って言えるんですけど、3000円はナイ!笑

でも割引で3200円岩盤浴付きなら全然アリ!

ちょっと値段にシビアすぎかもしれませんが、コスパってそういうことだと思いました。笑

▼行くなら事前割引がおすすめです!

▼大江戸温泉物語は同じ3000円弱(土日で!)ですけど、浴衣の種類豊富&館内施設充実&お風呂の種類が多くて広いのでおすすめです!私も大好き!5回以上行ってる

【大江戸温泉物語】で浴衣デート!館内様子とお得な割引き情報
【大江戸温泉物語】で浴衣デート!館内様子とお得な割引き情報久しぶりに行った大江戸温泉物語はやっぱり楽しかった!今回は中の様子の写真を撮ってきましたよ!そしてちょっとしたキッカケで知ったお得情報も公開! ...

【東京ドームホテル】部屋&サービス良し!でも風呂が微妙?辛口レポ
【東京ドームホテル】部屋&サービス良し!でも風呂が微妙?辛口レポ東京ドームホテルは良いところもあったし微妙な部分もあった...部屋・風呂・サービスを辛口レポートします!...
【正直な感想】東京ドームホテルの和朝食【熊魚菴たん熊北店】
【正直な感想】東京ドームホテルの和朝食【熊魚菴たん熊北店】東京ドームホテルの和朝食は正直どうだったのか!?京料理『熊魚庵たん熊北店』レポ!...

▼その他『#東京観光』をチェック!
東京観光